HOSHINE_white_2.png

© 2015 HOSHINE CORPORATION. 

  • 村田真生

【警告】格安サービスに御用心



当社のサービスはお客様によって「安い」「高い」と言われることが両極端なのですが、決して安さは売りにしておらず、常に『適正価格』でのご提供を心掛けています。

本来『適正価格』とは、業界平均や相場といった類のものではなく『提供サービスのクオリティー相応の価格』のことを指します。


世の中には色々な格安サービスが存在しますが「タダより怖いものはない」と言われるように、その多くが「安いものには必ず裏がある」というのも事実です。


最近よく耳にする実例を挙げます。

起業家の方であれば経験があるかと思いますが、会社を設立すると新設法人として基本的な登記情報が Web 上に公開され、その情報をもとに税理士事務所などから多数の営業 DM が届きます。


そして、多くの新設法人は適正価格の顧問料を支払える体力がありませんから、格安の顧問・税務サービスを勧められることになります。

実はこの格安サービス、表面化していないだけで巷ではかなり問題視されているのですが、税務の事務処理やアドバイス等を税理士資格を持たないスタッフが担当し、決算書類も税理士ノーチェックでただ申告するだけという税理士事務所も多く存在しているようです(半ば違法行為)。


本来、会社の心臓「財務」を司る税理士が機能していなければ、会社はあるタイミングを境にジリ貧となり、瞬く間に潰れます。

会社の重要部分は決して「安さ」で選ばず「質」で選ぶことを心掛けましょう。