検索
  • 村田真生

五公五民を凌駕する現代社会『仕組みを知り働き方を考える』



今も昔も『もっと最低賃金を上げるべき』『経営者は労働者から搾取している』などと批判の声をあげる方々がいらっしゃいます。

しかし、世の中の仕組みを知るだけで、自分自身が考えるべきことや取り組むべきことが大きく変わることになります。


ぜひ知っていただきたいのが、次の数字です。


  • 社会保障に関する税:32%以上(労働者負担15%/労働者の目に見えない会社負担17%=経営では人件費として考慮するため実質労働者負担)

  • 所得税:5%〜45%

  • 住民税:10%

  • 消費税:8%〜10%


上記は労働者が負担している「税金」です。

合わせると最低でも55%が収入から削られており、重い税負担のほか、重要なのは年収ではないことが分かります。

つまり、労働者から「搾取」をしているのは、本来、経営者ではないのです。


江戸時代、年貢の全収穫量の50%を領主が取り、残り50%が農民の手元に残される「五公五民」といいう言葉がありましたが、数字だけで言えば現代は55%以上。江戸時代をも凌駕しています。


この状態が良いか悪いかは別として、世の中の仕組みや数字を頭に入れておくだけで、(税金を使う)政治に対する関心が強くなるほか、自分自身の働き方についてもしっかりと考え前進する力が身につくことでしょう。

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社