• 村田真生

一流の成功者に共通するたった1つの力



村田です。


先週末に出席した伊勢志摩での政経会合で、終盤に経営学者・田坂広志先生による講演がありました。

その中で「一流の成功者に共通するたった1つの力」にとても共感しましたので、一部をご紹介したいと思います。


一流の成功者に共通するもの、それは『運気を引き寄せる力』である。
そのためには『目の前の出来事に対して、絶対肯定の想念を持つ』という心構えが必要である。

「肯定する」とは、良い出来事も悪い出来事も全て、前向きに受け入れること。

多くの人は、良い出来事は素直に受け入れ、時に感情を高ぶらせますが、悪い出来事にはとても否定的になり、落ち込み、目を背けようとします。

しかし、それでは自分自身を成長させることは出来ませんし、リーダーであれば部下を引っ張っていくことは出来ません。


これは持論ですが、運とは「考え方や言動が生み出す表象の積み重ねの結果」であると思います。

「あの人は運が良い」などというのは、あたかもその人が何もせず偶然幸運を手に入れたように受け取られますが、実は、その幸運を掴むべくして掴むだけの下積みがあるんです。


田坂先生の講演では「人生・ビジネスはテクニカルなことを学ぶことも大切だが、特にリーダーは広い崇高な視点を持って自分自身や社会を見つめることも大切」ということを改めて感じました。


昨今のコロナ禍の行く末もまだまだ誰にも分かりません。

気持ちの浮き沈みなく、良いこと悪いことも常に(宗教っぽいですが)「神のお導き・試練である」と前向きに捉え、強い心で前に進んでいきましょう!


筆者:村田真生

HOSHINE(株)代表取締役社長、動画戦略コンサルタント。

ミュージカル俳優、作曲家、総合人材サービスAdeccoを経て25歳でHOSHINEを創業。

動画マーケティングを中心とするコンサルタントとして公共機関、大手・中小企業など累計200社を超えるクライアントを最前線で支援。中小企業数社の社外マーケティング・ディレクターも務める。

岡山県出身。趣味は読書、ピアノ、お笑い、囲碁(七段)。