• 村田真生

『ナンバー2に御用心』財政を蝕みトップの権威を奪う実態とは?



先月より私が経営支援をしている某NPO団体の実例です。


この団体は以前、組織として一皮剝けるために力を付けようと、理事長が独断で外部からとある有力者を招聘し3年契約を締結しました。

数年後、その人物は実質的ナンバー2となり、収支を度外視したやりたい放題の施策を行い続け、団の経費は圧迫され、気づいたときには極度の財政難に陥っていました。


そして現在、その人物を「ただちに切る」方向で協議を進めています。




その人物を招聘してから数年の間に起きていたのは、理事長が団のメンバーらの求心力を奪われ、収支を度外視した赤字確定の施策の連打、そして団を私物のように扱われていたこと。

気づかぬうちに経営も理事長の権威も失墜し、赤字の施策を止めようにも、心変わりしているメンバーらから反対され首が回らなくなってしまったのです。




このように、トップ(経営者)が輝けない状態になっている組織は大いに危険です。

実は、極限状態にならないとトップ自身がこの兆候/状態に気づけない場合がほとんどなのです。


また、日産社のようにナンバー2に実力以上の高額な役員報酬を与えているケースも危険です。

(あの事例は「ナンバー2によるクーデター」と言っても過言ではありません。)


これらはまさに「ナンバー2の言いなりになっている状態」なのです。




さて、ではこのような危険な状態にあると気づいたとき、どうするべきか。




ずばり「ナンバー2を切りましょう」




このようなナンバー2を切る場合、ナンバー2の指揮下にある従業員(総じて取り巻き)の離反なども含め、少なからず被害が出ることは覚悟しなければなりません。

しかし、一時の被害を恐れてそのまま放置していては、トップはクーデターを起こされ「追い出し」を喰らうか、経営悪化や要求のエスカレートで地獄を味わい続けることになります。


そもそもはそういう人物を招き入れないよう、ブレーンとして相応しい人物かを見極めるスキルを磨く必要があり、また、そのスキルがあるとしても、組織全体に大きな影響を及ぼす(取締役などの)位置に就ける人物を登用する際には、必ずその実力や誠実さを試すためのテスト期間を設けるべきです。

はじめから数年単位の契約を交わすなどは以ての外です。(もちろん、名実共に優れ、信頼関係のある人物であれば別です。)


また、繰り返しお伝えしていることですが、社長自らが日々実行力を示し、幹部/従業員らの求心力を高め「ナンバー2に依存しない状態を作っておくこと」も非常に大切です。




もちろん、世の中には素晴らしいナンバー2の方も大勢いらっしゃいますし、トップが傲慢で下の良い助言にも一切耳を貸さないような「客観的に見てトップに責任がある」状態であれば、クーデターは致し方がない面もあるでしょう。


やはり(元々誠実さを欠いているようなナンバー2は別として)トップの日頃の行動次第でナンバー2は天使にも悪魔にもなるということが言えます。




既に「悪魔の乗っ取り」の兆候がある場合、手遅れになる前に早々に縁を切りましょう。


そして、出来ればこうなる前に、トップ自身が組織における影響力と実行力を高め、常に輝ける存在でいられるように努めましょう。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

動画制作、YouTube、デジタルマーケティングに関することなら

HOSHINEまでお気軽にご相談ください。

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

Image by Ferdinand Stöhr
HOSHINE株式会社