検索
  • 村田真生

たった20分で『午後の生産性を上げる』コーヒーナップとは?



「コーヒーナップ」という仮眠法をご存知でしょうか。


単純に昼寝をしたりコーヒーを飲むだけよりも、格段に眠気や疲労を抑えることができる手法です。

午後の生産性を上げるのに最適で、私も日頃から取り入れています。


やり方はとてもシンプルで、次のとおりです。


  1. 昼食後など眠くなったり疲れを感じ始めるタイミングで、ブラックコーヒーを飲む

  2. 飲んだらすぐ20分寝る


たったこれだけです。




では、そのメカニズムを説明します。


まず、カフェインは飲んだあと約20分後に脳に到達し、覚醒効果が出始めます。

脳内にはアデノシンという物質があり、疲労した際にアデノシン受容体に結びつくことで疲労感や眠気を感じさせます。

そして、カフェインはアデノシンの代わりにアデノシン受容体と結合することができるので、覚醒効果を起こして疲労感や眠気を感じないようにさせることができるのです。

(このように、あくまで錯覚を起こさせるようなものなので、根本的な疲労回復にはなりません。)


つまり、20分後に覚醒効果が出始めるわけですから、仮眠は20分が最適です。

それ以上寝てしまうと、かえって睡眠が深くなり目覚めが悪くなってしまうので注意が必要です。




また、種類はブラックコーヒー1択です。

牛乳を入れてしまう方がいらっしゃいますが、牛乳にはメラトニンという睡眠誘発物質が含まれているため、カフェインの効果が相殺されてしまいます。


なお、この20分間は全く眠れなくても大丈夫です。

とにかく「休憩」と割り切って、何も考えずに目を閉じてリラックスすることが大切です。目を閉じるだけでもかなりの回復効果があるからです。




20分が肝ですから「飲んだらすぐ寝る。そして、20分後すぐ起きる」を徹底しましょう。


ぜひ、日常に取り入れてみてくださいね。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社