検索
  • 村田真生

あなたはどのタイプ?『GIVE & TAKEの落とし穴』



アダム・グラント氏の著書「GIVE & TAKE:与える人こそ成功する時代」をご存知でしょうか。

GIVE & GIVE=与え続ける人が成功するという斬新な内容で有名な本です。


文中では「人には与えることと受けとることの関係において、3つのタイプが存在する」と書かれています。それぞれ「ギバー」「テイカー」「マッチャー」といい、各特徴は次のとおりです。




|ギバー(Giver)


ギバーは、Give & Takeの関係を相手の利益になるようにもっていき、受けとる以上に与えようとするタイプ。他人中心に物事を考え、相手が何を求めているかに注意を払います。




|テイカー(Taker)


テイカーは、Give & Takeの関係を自分の有利になるようにもっていき、より多くを受けとろうとするタイプ。自分中心に物事を考え、相手の必要性よりも自分の利益を優先します。




|マッチャー(Matcher)


マッチャーは、与えることと受けとることのバランスを取ろうとするタイプ。相手の出方に合わせて助けたり、突き放したりします。職場においては大半の人がこのマッチャーのタイプです。




では、この3つのタイプの中で、仕事で成績/年収の高い成功者が最も多いのはどのタイプかお分かりですか?




答えは「ギバー」です。




ギバーの「与える」という行為は、長期的な視野で投資することを意味し、すぐに何かが返ってこなくても、いずれは直接でなくとも何らかの形で大きく返ってきます。


反対に、受け取ることばかりを考えるテイカーは、短期的な視野で物事を捉えるため、良質で長期的な関係構築ができず、成長性もありません。


ところが、このようにギバーが良しとされているためか、本を読まれたであろう方が「ギバーになれば成功する」と短絡的に考え、やたらと誰かに人を紹介したり、食事をご馳走したりするケースを頻繁に見かけます。

残念ながら、そのような方は本質を理解できておらず、思うような成果は上がらないと思います。


では、この事実をご存知ですか?




仕事の成績/年収の低い人が最も多いのも、ギバー。




それは何故か。




後先のことを考えずにひたすらGIVE & GIVEするあまり、お金も時間も何もかも犠牲にした挙句、何ひとつ返ってこないからです。


ギブ&ギブで大切なのは、ギブするに値する人かを見極めた上で、何をすれば喜んでくれるのか(真のニーズ)を把握することです。すなわち、相手との関係性によっても柔軟に考える必要があるのです。お金なのか、食事なのか、高級品なのか、お手紙なのか・・・。


そして何より、ギブは、意識的に行ううちはほとんど効果はないと思ったほうが良いです。意識的に行なってしまうと、押し売り感が伝わり相手にバイアスがかかってしまうからです。


ですから、息を吸って吐くかのごとく、無意識でできるようになって初めて、ご自身の人間性とマッチした極自然なギブができるようになり、その投資は大きくなって返ってくることでしょう。

経験/実践あるのみです。




|あからさまなテイカーを避ける


最後に、テイカーに対する注意点ですが、「してもらうことが当たり前」と思っている人は男女問わず世の中に数多います。そして、それらの多くが巧言令色で搾取し続けるテイカーで、お金の切れ目が縁の切れ目となりますので、できる限り距離を置くことをお勧めします。


そうしたタイプの人を見抜くのは意外にも簡単で、一例ですが、まずテイカーの多くは日頃各方面への感謝の姿勢/言動がありません。また、根拠なく自己評価が高く、他人を見下す言動を頻繁にします。

「他人への思いやりがないテイカーの特徴」を如実に表しているのです。


あなたの周りにもいらっしゃいませんか?




ぜひ、正しいギバーを目指しましょう!

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社