• 村田真生

今後の全産業に求められる『グロースハック』とは?



FacebookやTwitterをはじめ、ITを中心にあらゆる成長企業が取り入れてきた『グロースハック』。


グロースハックとは、ユーザーから得た製品やサービスについてのデータ(レビュー)を分析し、改善してマーケティングの課題を解決していく手法で、重要なのは、それを継続的に行い続けることです。




特に、飲食やWEBサービス等のように参入障壁が低い市場は、競合が非常に多く、ビジネスモデルも陳腐化しやすいです。

このような厳しい環境下では、サービスに対するユーザーの反応やデータを見て、短期間で仮設の構築と検証を行い、サービスを改善させていくことが非常に重要です。

それらを怠ればあっという間に競合他社に目移りされ、ユーザーが離れてしまうためです。


かくいう弊社も、音楽事業からマーケティング支援事業に転換して以降は毎日のようにサービスの改善を行い、お客様の効果改善にスピーディーに取り組み続け、短期間のうちにパートナーGoogle社からも高度な実績・知識の認定を受けるまでに至りました。




世界の産業構造が変化し、国内では少子高齢化も進み生き残りをかけた競争が激しさを増す中で、今後は参入障壁の低い市場に限らず、あらゆる産業でグロースハックによるサービスレベルの継続的向上が求められるでしょう。


仕掛けや改善は、体力(財務基盤やマンパワー)のあるうちに実行していきましょう。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

動画制作、YouTube、デジタルマーケティングに関することなら

HOSHINEまでお気軽にご相談ください。

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

Image by Ferdinand Stöhr
HOSHINE株式会社