• 村田真生

人生を踏み外さない、本多静六流「幸せの定義」



村田です。


今日は誰もが一度や二度考えたことがあるであろう「幸せの定義」について、日本の株式投資家の走りとしても知られる本多静六さんの言葉に基づいてご紹介したいと思います。


まずは本多静六さんの言葉「社会体験の最終結論」から。


「人生即ち努力、努力即ち幸福。」


非常にシンプルな言葉ですね・・・。え?そんなこと?と思われた方も多いと思います。

しかし、この言葉に秘められた深い深い意味を捉えられるかどうかは、個々人のポジションや経験値に左右されるでしょう。


一般的に、幸せの定義について重要な要素としてよく挙げられるのが「経済的自由」「時間的自由」「精神的自由」の3つ。

よくあるネットワークビジネスの勧誘手法でも『幸せになるために権利収入・不労収入で経済的自由・時間的自由を手に入れましょう♪』などと謳われるケースがありますね。


しかし、本当に「あらゆる自由を手に入れること」は、幸せに結びつくでしょうか?

答えは「NO」でしょう。


人間というのは常に「欲」を持っており、その欲を満たすために夢や目標を追い求め行動しますよね。

その「喉が乾いた状態」から「満たされる瞬間」にまさに幸せを感じるんじゃないでしょうか。

そして、その幸せは長くは続かず、次の幸せの瞬間を味わうためにまた新たな歩みを進める。


つまりは「地道な努力を重ね、夢や目標を更新し続ける」ことが大切で、その「夢や目標に向かい努力し続けられる状態」こそが幸せなんだと思います。


さて、そんな「幸せな努力」をし続けるためには、次のような心構えを持つ必要があると思います。


  • 見栄やプライドを捨てる(人からどう思われるかを気にしない)

  • 独立・起業・副業等するにしても、楽に成功しようなどと決して思わない

  • どんなに成功・失敗しても、人生の途中であることを忘れない


余程の大成功以外、成功など無く、今は常に途中型であるという意識が必要ですね。

小成功を大成功と勘違いした挙句、己の実力を見誤り、本職本業を疎かにして多くのことに手を出し、家や家族を失い没落していった方々が星の数ほどいらっしゃいますから・・・。


ここまで私自身の言葉も交えお伝えしましたが、最後に、幸せの定義を「見誤った」多くの人々が失敗しやすい「お金」に関する非常に重要な考え方について、本多静六さんの至極の言葉(お金稼ぎの原理原則)をご紹介して終わります!


金儲けを甘くみてはいけない。真の金儲けはただ、徐々に、堅実に、急がず、休まず、自己の本職本業を守って努力を積み重ねていくほか、別にこれぞという名策妙案はないのであって、手っ取り早く成功しようとするものは、また手っ取り早く失敗してしまう。

没落のあとに残るものは悪徳と悪習慣、そして、時には不義理な借金ばかりであろう。戦後いかにこうした小成金的金儲けのために、身を誤り、家を損なった者が多かったことか。本多静六


筆者:村田真生

HOSHINE(株)代表取締役社長、動画戦略コンサルタント。

ミュージカル俳優、作曲家、総合人材サービスAdeccoを経て25歳でHOSHINEを創業。

動画マーケティングを中心とするコンサルタントとして公共機関、大手・中小企業など累計200社を超えるクライアントを最前線で支援。中小企業数社の社外マーケティング・ディレクターも務める。

岡山県出身。趣味は読書、ピアノ、お笑い、囲碁(七段)。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE株式会社

動画制作・動画マーケティングに関することなら、

HOSHINE までお気軽にご相談ください。

© 2015-2021 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINEの動画制作・動画マーケティング