HOSHINE_white_2.png

© 2015 HOSHINE CORPORATION. 

  • 村田真生

多くの人が欠けている『情報収集/分析』の視点



人生/ビジネスを良い方向へ進める上で、常に欠かせないことの1つが「情報収集」です。


テレビ、ラジオ、インターネット、新聞、書籍、公的資料など、情報の収集源は多々ありますが、共通して言えるのは「情報収集のチャンスは誰にでも平等にある」ということです。


その上で最も重要なのは、情報に対し「いかにして価値を見出すか」です。




情報は、自分にとって価値あるものに昇華できなければ、単なる情報で終わってしまいます。


価値を見出すためには、自らが掲げる人生・ビジネス目標(将来像)に関する欲しい情報を念じ、常にアンテナを張っておくことが肝要です。

これにより、同じ情報でも違う角度から論じられた情報が入ってきたり、一見関係ない情報から大きなヒントが得られることが往々にしてあります。


そして、情報は収集するだけでは不十分で、情報から「分析・シミュレーションする力」を身につけることも非常に大切です。


ニュースを見たり、本を読んだり、セミナーや講演会に参加するなどしても成長しない人は、これらの視点と行動が足りません。

そのような人は「なんか良いこと聞いた/気分が良くなった」で終わってしまうのです。




短絡的な考えで、その場その場で情報を得てヒントを得ようとするのではなく、事前・日頃からどんなアンテナを張っているかで、入ってくる情報から見出せる価値がまったく変わってきます。

同じセミナー等を経ても、数百倍の成長をする人と横ばいの人とが混在するのはそのためです。


皆さんも、ぜひ正しい情報収集と分析の力を身につけましょう。