• 村田真生

松下幸之助「不況克服の心得十カ条」



こんにちは、村田です。


新型コロナの影響により倒産件数が増えているものの、思ったより多くなく、意外に持ちこたえているようにも見えます。

一番の要因は政府主導の資金繰りの支援でしょうか。新型コロナ特別貸付により、無金利でどんどんお金が貸し出されていますから、現状は多くの企業が持ちこたえていることでしょう。


しかし、その特別貸付もいよいよ返済が始まったようですから、倒産・貸し倒れが深刻化するとすればこれからでしょう。

世の中全体でそんな苦しい状況が続いていますが、こんなときこそ、基本に立ち返り、丁寧に隅々まで点検する時です。


今回は、基本に立ち返る上でぜひ参考にしたい、パナソニック創業者・松下幸之助さんの「不況克服の心得十カ条」をご紹介します。

※ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ご自身の再点検のつもりで改めてご覧ください。



松下幸之助「不況克服の心得十カ条」


  • 第一条 「不況またよし」と考える

  • 第二条 原点に返って、志を堅持する

  • 第三条 再点検して、自らの力を正しくつかむ

  • 第四条 不退転の覚悟で取り組む

  • 第五条 旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る

  • 第六条 時には一服して待つ

  • 第七条 人材育成に力を注ぐ

  • 第八条 「責任は我にあり」の自覚を

  • 第九条 打てば響く組織づくりを進める

  • 第十条 日頃からなすべきをなしておく



おひとりおひとりの状況と照らし合わせ、ぜひ応用してみてください。



筆者:村田真生(むらたまお)

1990年生まれ。岡山県出身。ミュージカル俳優を志し、16歳で上京。

俳優、作曲家を経て、Adeccoに入社。スーパーバイザーとしてKDDI本社の発注代行部門の管理運営・改善に携わる。2015年、25歳でHOSHINEを設立。

俳優時代は劇団四季オーディションの合格を皮切りに、蜷川幸雄・宮本亜門演出作品をはじめ商業演劇の国内主要ステージに立つ。手掛けた音楽はNHK、テレビ東京、京都コンサートホール、DAIMARUなどで放送・演奏されている。

現在、ビジネス動画の制作・運用支援を通じてクライアントのマーケティング・採用・ブランディングの課題解決に最前線で携わっている。

動画広告制作・動画マーケティング

ビジネスを成長させる動画なら
動画エージェンシーのHOSHINE