検索
  • 村田真生

『満たされる』のは不幸の始まり



世の中には『あなた(の心)は常に満たされているか?』といった質問を投げかけるスピリチュアルな方々がいらっしゃいます。その質問に対して、皆さんはどうお答えしますか?


持論ですが「満たされるのは不幸の始まり」です。

専ら『常に満たされている』というのは虚像に過ぎません。


人は満たされない状況から満たされる過程あるいはその瞬間に幸せを感じるのであり、常にすべてが満たされた状態は、人間の性質である「慣れ」や「飽き」によって崩壊します。

そうなれば「満たされている」と他人から認められることでアイデンティティを保たなければならなくなります。それが無くなった途端、鬱に苛まれます。


一見すると裕福で満たされていそうでありながら鬱病や崩壊してしまった方々を、これまで直接ないし間接的に何人も見てきました。

『満たされている』人は、その実は満たされていないのです。




反対に、あまりにも満たされていない(挫折続きで満たされる機会がない)という人は、これから大きな喜びや幸せを手に入れることができる絶好の位置にあります。行動すれば、目の前にくるものすべてがチャレンジとなり、乗り越えるたび成長を実感し、心が段階的に満たされていくからです。


「喉の渇き」を適度に利用し人生を歩んでいきましょう。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社