• 村田真生

先義後利を正しく理解し良質な人間関係を



こんにちは、村田です。


今回は「先義後利」という言葉をご紹介します。


中国の儒学・荀子に登場する『義を先にして利を後にする者は栄える』という一文から成る言葉です。

わかりやすく砕けば「利益よりも、まず人としての道義・義理を最優先にしていれば、利益は後から勝手についてくる」という意味です。


日本では、元は呉服店から始まった百貨店・大丸創業者の下村彦右衛門(300年前の商人)が立てた経営理念として知られています。


新約聖書の「与える者は与えられる」にも通じる素晴らしい言葉ですし、実際に、世界の成功者には与える人が多いですよね。



さて、ここからは余談ですが、ビジネスにおいて、この先義後利をお客様相手にしか意識していないようなビジネスマンを多く見かけます。

つまり、業者や部下、いわゆる「目下の者に対する先義後利」が欠如しているのです。


多くのビジネスマンは、お客様のことは大事にし、義理を尽くすと思います。

お金という形でわかりやすく利益が返ってくるわけですから、先義後利の意識も自ずとはたらくでしょう。

しかし、目下の者に対する考え方・接し方などはどうでしょうか。


自分が有利な立場(優越的地位)にあるほど、目下の者に対して横柄・高圧的な態度で応対する方が一定数います。あなたの周りにもいらっしゃると思います。

「マウントしたい」という人間の本能でもありますが、この本能を抑えられない限り長期的には何ひとつ良いことがありません。


具体的なデメリットとしては、相手からの十分なサポートを受けられなかったり、本人の気づかないところで悪評が広がっていたり、足元を救われたり、窮地の際に見放されたりと、裸の王様状態になってしまいます。


横柄な態度を取ったり、突っぱねてしまうことは「非常に簡単」なことですが、さまざまな国や組織、人物の歴史でも明らかなように、目下の者に対する自分の欲をグッと抑え、徳を積み重ねていくこともいかに大切かを忘れてはいけません。


このあたりが事細かに書かれた名著として「論語」「老子」「貞観政要」などがおすすめです。

ご興味があれば、ぜひそれらも読んでみてください。


お客様だけでなく、業者、部下、後輩をはじめ、誰に対しても丁寧・親身に接し、自分の利益を後回しにして先に義理を尽くす。これが先義後利です。


長期的な視野で、良質な人間関係を築いていきましょう。



筆者:村田真生(むらたまお)

1990年生まれ。岡山県出身。ミュージカル俳優を志し、16歳で上京。

俳優、作曲家を経て、Adeccoに入社。スーパーバイザーとしてKDDI本社の発注代行部門の管理運営・改善に携わる。2015年、25歳でHOSHINEを設立。

俳優時代は劇団四季オーディションの合格を皮切りに、蜷川幸雄・宮本亜門演出作品をはじめ商業演劇の国内主要ステージに立つ。手掛けた音楽はNHK、テレビ東京、京都コンサートホール、DAIMARUなどで放送・演奏されている。

現在、ビジネス動画の制作・運用支援を通じてクライアントのマーケティング・採用・ブランディングの課題解決に最前線で携わっている。

動画広告制作・動画マーケティング

ビジネスを成長させる動画なら
動画エージェンシーのHOSHINE