検索
  • 村田真生

『先義後利』のビジネスにおける本質



皆さんは「先義後利」という言葉をご存知でしょうか。

日本では大丸創業者の下村彦右衛門(300年前の商人)が立てた理念として知られています。


元々は中国の儒学・荀子の栄辱編の中にある「義を先にして利を後にする者は栄える」という一文からきており、もう少し分かりやすく砕けば「人としての道義を優先し、利益を後回しにしていれば自ずと栄える」という意味で、ビジネスマンであれば必ず押さえておくべき内容です。


しかし、ビジネスにおいて、この使い方を見誤ったり、あるいは使い方が限定されていたりと、栄えるために必要な要素を満たせていないケースが散見されています。


その代表格が「ベンダー(業者)への対応」です。


ほとんど全ての企業・ビジネスマンは、お客様のことはとことん大切にするでしょう。しかし、仕入先の業者などに対する考え方や接し方などはいかがでしょうか。

中堅・大手企業によく見られる傾向ですが、あらゆる面で有利な立場にあるがゆえに、高圧的な態度で対応するビジネスマンの方が数多くいらっしゃいます。


これは先義後利に反しており、その時々は良いかもしれませんが、本来の実力を出してもらえなかったり、足元を救われたり、窮地の際に見放されたりと中長期的に見ても決して良いことはありません。

残念ながら、これは中小企業でも見られる例です。ベンダーに対して値下げを強く要求したり、支払いを遅らせたりといった傲慢あるいは怠惰な対応をしていると、最近では佐野 SA 事件に代表されるように、ベンダーが納入を拒否したり、悪い噂が瞬く間に広がり、ビジネスを展開できなくなります。


例え納入物で良いものや良い結果が得られなかった場合でも、決して罵倒したりするのではなく、逆に相手を気遣い親身に接することで「貸し」を作ることができます。

その貸しは(必ずとは言えませんが)、いつか何らかの良い形で返ってくるでしょう。


横柄な態度を取ったり、突っぱねてしまうことは非常に簡単なことですが、様々な組織・人物の歴史も語るように、徳を積み重ねていくことがいかに重要であるかを、いずれ実感することになります。


先義後利は、お客様に対してだけでなく、全ての関係先に対して持つべき理念なのです。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社