検索
  • 村田真生

企業は数字でなく『実態』こそが重要



就活生であれば就職先を、ビジネスマンであれば取引先を、どういう視点で選ぶでしょうか。


選択の指標となる「企業価値」を図る上で重要なのは、資本金の大きさでしょうか?売上や利益、時価総額の大きさでしょうか?従業員の多さでしょうか?はたまたビジネスモデルでしょうか?

いずれも本質には程遠いでしょう。


数字はウソをつくことがあります。上場企業が行う決算公告にも不正が起こり騒動になるほどで、ウソの数字で国の助成金や銀行融資を不正に引き出し、その結果倒産した企業さえも数多あります。


では何を見て企業価値を判断するべきか・・・


それは「経営者を見ること」「働く社員を見ること」そして「サービスの質を見ること」です。

経営者の行動の質はどうか、社員はイキイキと働いているか、また、製品・サービスや接客の質は優れているか、それらに本来の企業価値が現れます。

これは広告・コンサルティング会社の立場で年商1億円〜15兆円、創業3年〜300年、ありとあらゆる規模・業種の企業の実態を見てきたからこそ分かることです。


売上や利益、時価総額が何億・何兆あろうと、従業員が何人いようとそんなことは全く関係なく『それらに魅力は皆無』です。倒産・消滅するときは規模にかかわらず一瞬です。


例えばイケイケの企業が倒産する特徴のひとつとして、中身が備わっていないことに気づかず、見てくれにお金を費やし売上・利益・店舗数といった「数字」をひたすら追いかけるのです。そして、行き詰まると経営者が無理難題を社員に浴びせ、社員は疲弊し、あるいは不正を働いてまで期待に応えようとします。

今現在も目に見える範囲だけでも危険な兆しのある企業が数多あります。


「経営者や社員の魅力・イキイキ感/サービスの質」これらが企業価値を図り、就職先や取引先を選択する上で最も重要な指標だと私は思います。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社