HOSHINE_white_2.png

© 2015 HOSHINE CORPORATION. 

  • 村田真生

現状を変えるための第一歩は『自己否定』



「何をやっても上手くいかない...」「自分自身や現状を変えたい...」


そんなとき、まずは「己を知る」ことから始めてみましょう。そのための第一歩として特に重要なのが「自己否定」です。




不朽の戦略書「孫子」にも『彼を知り己を知れば、百戦殆うからず』という言葉があるように、相手や己を知ることが戦略を優位に進める上でいかに大切かが分かります。


しかし、実は相手のことを知るよりも、己のことを知るほうが遥かに難しいのです。


相手を知ることに長けたコンサルタントやカウンセラーの方々でさえも、肝心の自分自身のことはよく理解できていない方が大勢いらっしゃいます。




まず、己を知ることが何故重要なのか。

それは、人は夢や目標を掲げることはできても、それを最短距離で実現するための方法論や自分自身に必要なリソースを理解できない方がほとんどだからです。

それらを上手く掴んでいる上位数%の人は、同じ時間を生きていてもどんどん成長し、成功を手にしていきます。


「己を知る」とは、己の実力を詳細に把握し、運頼みではない、しっかりした方法論に基づいた研鑽を積むために、自分自身にとって本当に必要なリソースだけを収集したり活用できる状態にすることなのです。


これができなければ、行動や身の回りに無駄ばかりが増え、それらが成長の足枷となっていることに全く気づけないまま、ただ歳をとることになります。




己を知るためには「経験値を増やすこと」に尽きます。


成功体験だけでなく、小なり大なり失敗体験も積み上げることです。特に、失敗したときこそ己を知る絶好のチャンスです。

小さな失敗でも決して正当化せず、すべての原因を他人ではなく自分のした「選択」に集約し、同じ轍を踏まないための自己否定を繰り返しましょう。




そして、ぜひ心がけていただきたいのが、同じ失敗を繰り返さないために、失敗したことを「辞書化」して自己ルールを作り上げていくことです。

私の場合、これまで自分が冒した失敗をWordに書き連ね、自己ルールブックを作っています。




失敗は経験するだけでは全く意味がなく、片時も忘れることがないほどに、自分の胸に刻み込むことが何より大切なのです。


これができなければ、数年後、早ければ明日にでも、同じ失敗を繰り返すことになるでしょう。


皆さんも、今からでもぜひ実践してみてください。