検索
  • 村田真生

佰食屋事案に見る『経営に必要不可欠なもの』



7月に入りました。いまだコロナの収束が見えない中、また 1社、倒産ではありませんが大きな課題を抱えていることで話題となっています。


今から 1年前、有給消化率100%、パート・アルバイトにもボーナス支給など素晴らしい労働環境を整えていたことで話題となり、時代の寵児となった京都のステーキ店『佰食屋』。

テレビ東京『ガイアの夜明け』でも大きく取り上げられていましたね。


しかし、2月以降のコロナの影響を受け、複数の店を閉店し、社員も解雇。

経営者・中村朱美さんの著書「売上を、減らそう。」では『社員を犠牲にしてまで追うべき数字なんてないーー。』とも触れられていますが、その大切な社員を守れず、さぞお辛かったことでしょう。


要因は色々あると思いますが、ここで非常に重要となるのが「内部留保」の存在です。

近年あらゆる産業で増大傾向にあり、政府も批判を強めていますが、このコロナ禍ではまさに内部留保が会社、そして雇用を守る要となっていることは間違いないでしょう。


二宮尊徳の「道徳なき経済は犯罪、経済なき道徳は寝言」という金言にもあるように、理念も大切ですが、綺麗事だけでは会社は決して生き残れません。

もちろん従業員その他全ての関係者を大切にし心を尽くすべきである一方、会社は慈善事業ではありませんし、常に不足の事態に備えておかなければなりません。


経営には、生き残るための『したたかさ』も必要不可欠なのです。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

HOSHINE株式会社