HOSHINE_white_2.png

© 2015 HOSHINE CORPORATION. 

  • 村田真生

SNSマーケティングが『続く企業/続かない企業』



デジタルマーケティングに関心のある企業様からよくいただくご質問があります。

それがこちら。




『どのSNSを使ってPRしていくのが良いでしょうか?』




確かに、Twitter/Instagram/Facebook/YouTube/LINE等々、世界規模のコミュニティが出来上がったプラットフォームはどれも魅力的に見えますね。

しかし、そもそもSNSの活用自体が向いていない(続かない)企業があるのをご存知でしょうか。


その最たる例は・・・




  1. 「目的/ターゲット/アプローチ方法が明確でない」

  2. 「担当者依存」


上記2点が挙げられます。




まず、1点目については各SNSの特性やユーザーの行動心理を理解できていないことが原因です。

ユーザーはそもそもSNSを利用する際、宣伝色の強い投稿を見たいと思っていません。そんな最中に、自分と接点のない企業による宣伝色の強い投稿が表示されたら、ユーザーはどう感じるでしょうか。


この心理を上手く読み取った上で、個人ではない「企業としての」投稿する内容や継続していくための計画を練る必要があるのです。




次に担当者依存のケースです。

これは経営者や誰かがノリでSNSを始めて担当者をつけたものの、そもそも担当者レベルでは運用ノウハウはもちろんSNSを活用する目的/KPI/計画性なども不明瞭のため、フォロワーがつかずモチベーションがダウンし、結果継続しないパターンです。


そして、更新が止まった後も、社内の多くの人が自社のSNSがあるということさえ知らず、アカウントが放置状態になってしまうのです。

これでは担当者の労力は無駄になりますし、何より印象がよろしくないですよね。




企業アカウントにフォロワーが増えづらいのは、顔が見えない、かつユーザーにとって「何の得もないから」に尽きます。


(潜在顧客となり得る)フォローをつけるためには、社員個人や活動風景をさらし生きたアカウントであることを演出したり、お得な情報や為になる情報を発信し続けるという姿勢が必要です。


同じ「ビジネス」でも小売店やサロンなどの個人事業主のアカウントにフォロワーがつきやすいのは、顔のさらしやすさや投稿の自由度、継続性にもあります。




兎角、SNSの強大なコミュニティが魅力的に見えるからといって企業が無策の状態で始めても、途中で頓挫して放置アカウントを野放しにするだけです。


SNSを恒常的に活用する際には、事前に特性などを勉強をして、しっかり継続していけるだけの計画性を持った上で始めてみてください。