• 村田真生

YouTube が隆盛を極める理由



村田です。


先日、テレビ局を中心とするマスメディアの皆さんが「テレビの未来」について語らう ZOOM 会議に参加させていただきました。


皆さんの言葉に出てくるのは、総じて大手外資系プラットフォーム、特に YouTube との向き合い方。

しかし残念ながら、どの局・広告代理店の方も、YouTube がなぜ隆盛を極めているのか、その根本的要因に触れられていないように感じました。


そこで今回、Google Partner(Google 認定代理店)として YouTube・動画広告をメインに企業様をサポートしている立場・視点から、YouTube がなぜ隆盛を極めているのか、その理由をご紹介したいと思います。


YouTube が隆盛を極める理由、それは「自由で開かれた参加型メディア」だからです。

その根幹となるのが「エコシステム」の存在です。


エコシステムとは、IT・通信業界において「ecosystem」という言葉で業界や製品がお互いに連携することで大きな収益構造を構成するさまを表現していますが、YouTube の場合は以下のとおりです。


ユーザー、クリエイター(動画投稿者)、広告主の利益の循環です。



|ユーザーが YouTube を選ぶ理由

世界中の多種多様なコンテンツを無料で自由に選択し、パソコンやスマートフォンさえあればいつでもどこでも視聴でき、クリエイターや他のユーザーとの交流もできる。


|広告主が YouTube を選ぶ理由

世界中の多くのユーザーが集まっているプラットフォームで Google が提供するビッグデータやツールを活用したターゲティング広告を自由自在に(広告を配信したいターゲットに対して好きな時に好きな量だけ)配信でき、リアルタイムでシグナルが分かる。また、ユーザーとの交流もできる。


|クリエイター(動画投稿者)が YouTube を選ぶ理由

世界中のユーザーに対して動画を発信し、自由に表現できる。また、収益化をすることで動画の再生数等に応じて広告主から YouTube(Google)に支払われる広告費の一部を受け取ることができる。



これがエコシステムの魅力であり、YouTube の強みです。

キーワードは「世界中のユーザー・広告主・クリエイターとつながっている」「自由に●●できる」


世界中にサーバーを置き、世界中の優秀な人材を国籍・年齢・性別に関係なく魅力的な条件で迎え入れ、また、ユーザーファーストの最先端の価値観・思考・技術をもって成長した Google・YouTube には、さすがに国内だけの価値観・思考・技術だけでは、たとえ既得権をもってしても太刀打ちできないことは明白です。


ほとんど内部で利益を循環させる既存のメディアは、こうしたエコシステムをどう捉え、活かしていくかが本当の抜本的改革の鍵になるのではと思います。


最後に、Google が掲げる 10 の事実をご紹介して終わりたいと思います。

ビジネスにおいて重要な基本的な考え方・ヒントが詰まっています。色々な形で応用したいですね。



|Google が掲げる 10 の事実

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

  • 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

  • 遅いより速いほうがいい。

  • ウェブ上の民主主義は機能する。

  • 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

  • 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

  • 世の中にはまだまだ情報があふれている。

  • 情報のニーズはすべての国境を越える。

  • スーツがなくても真剣に仕事はできる。

  • 「すばらしい」では足りない。


筆者:村田真生

HOSHINE(株)代表取締役社長、演出家、プロデューサー、動画戦略コンサルタント。

ミュージカル俳優、作曲家、総合人材サービス Adecco を経て 25 歳で HOSHINE を創業。これまでに動画マーケティングを中心に累計 200 社を超える公共機関、大手・中小企業を最前線で支援。

岡山県出身。趣味は読書、ピアノ、お笑い、囲碁(七段)。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE株式会社

動画制作・動画マーケティングに関することなら、

HOSHINE までお気軽にご相談ください。

© 2015-2021 HOSHINE CORPORATION. 

Image by Ferdinand Stöhr