• 村田真生

企業のYouTubeチャンネル『登録者数の是非』



企業が運用するYouTubeチャンネルのチャンネル登録者数について『どのくらいの登録者数を目指せば良いのでしょうか?』というご質問をいただくことがあります。




まず、企業のYouTubeチャンネルの登録者が増える要因として、次の3つが挙げられます。


  • 社長や社員の方など「個人」が表立って、ユーザーの得になる(専門的な)動画を継続的に公開

  • ユーザーの心理的欲求を満たす内容の動画を継続的に公開

  • ブランド力のある企業が、ユーザーを魅了する超高品質の動画を公開


これら以外の、(僭越ながら)ブランド力が高水準以下の企業様で、かつ企業製品などのPRを目的とする場合には、動画広告を活用し販促時期に限定して仕掛けることに終始すべきです。

その際、チャンネル登録を期待してはいけません。そもそもの目的が異なるからです。




ユーザーがチャンネル登録する理由は「継続してそのチャンネルの新しい動画を観たい」からです。

そのためには、製品を売ろうとする内容ではなく、(キャンペーン等の短期的なメリットではなく)中長期的にユーザーにとって得になる情報を与える、あるいは「癒されたい」「笑いたい」といった心理的欲求を満たす内容である必要があります。


資金と運用力に余裕があり、継続的にそれらを満たす動画を配信し続けられる場合、チャンネル登録者を増やすことは中長期的に見て会社の資産になり得ます。

しかしそうでない場合には、チャンネル登録に対する希望的観測を捨て置き、製品・サービスを魅力的に伝えるクリエイションにリソースを集中。そして、動画がたった1本であっても、一人歩きしてユーザーの心を動かし、着実に認知を高めて購買行動へ繋がる構成/施策が必要であり、効果的なのです。


自社がどちらの部類なのか、しっかりと判断した上でYouTubeに取り組んでみてください。

​〒163-1320

東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20

HOSHINE_white_2.png

動画制作、YouTube、デジタルマーケティングに関することなら

HOSHINEまでお気軽にご相談ください。

© 2015-2020 HOSHINE CORPORATION. 

Image by Ferdinand Stöhr
HOSHINE株式会社